/

この記事は会員限定です

不動産から消費事業へ旋回 ミャンマー財閥SPA

[有料会員限定]

ミャンマー財閥サージ・パン・アンド・アソシエイツ(SPA)グループが飲食、自動車、電子マネーなど消費関連事業を急拡大している。蒸留酒世界大手や中国火鍋有名店と提携した。中核の不動産事業では価格下落の逆風が吹く。グループ3社を上場させる透明性の高さを武器に、規制緩和を受けて新規参入を目指す外資企業と組んで消費市場を取り込む。

「食べ物も場所も清潔なので気に入っている」。ヤンゴン中心部の米系ファストフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン