2018年12月10日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,115,143億円
  • 東証2部 81,180億円
  • ジャスダック 93,538億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率13.56倍13.67倍
株式益回り7.37%7.31%
配当利回り1.80% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,219.50 -459.18
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,140 -480

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

12月10日(月)14:18

官房長官「特定企業排除せず」 通信機器調達で[映像あり]

通信機器巡る日本の指針 中国が非難

12月10日(月)13:01

[PR]

スクランブル

フォローする

近づく北米バブルの足音 資金一極集中の危うさ
証券部 松本裕子

2018/8/7 18:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

7日の日経平均株価は前日比155円高となったが、東証1部の売買代金は約2兆1500億円にとどまった。投資家が日本株への興味を失うなか、米国ではナスダック総合株価指数が最高値に迫るなど、資金流入が続く。どこかに運用資金を投じざるを得ない投資家が、最も安全とみて米国株への投資を増やしているからだ。だが、チャートの形状をみると「バブル」への懸念が徐々に膨らんでいる。

7日の薄商いをみて、国内大手証券の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム