2019年5月20日(月)

熱中症搬送、年間最多更新 3カ月で7万人超

2018/8/7 10:59
保存
共有
印刷
その他

総務省消防庁は7日、熱中症のため4月30日~8月5日の約3カ月に救急搬送されたのは累計7万1266人で、年間で過去最多だった2013年(6月1日~9月30日)の5万8729人を既に上回ったとの速報値を発表した。死亡したのは138人だった。

日本列島が長期にわたり高気圧に覆われ、7月23日に埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の41.1度を記録するなど、各地で猛烈な暑さが続いたためだ。

今月6日にも岐阜県下呂市で国内2位タイの41.0度を観測。消防庁は今後も暑い日が続くとみて、こまめな水分補給や適切なエアコンの使用といった予防策を呼び掛けている。

今年の集計は13年より約1カ月早い4月30日に始まった。ただ、搬送者数の累計は5月分の確定値(2427人)を差し引いても13年を既に上回っている。

7月30日~8月5日の1週間の搬送者数は1万3575人で、このうち死亡したのは13人だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報