/

この記事は会員限定です

積み上がるバラマキ政策の矛盾

米州総局 関根沙羅

[有料会員限定]

6日の米株式相場は小幅に続伸した。前週に米連邦公開市場委員会(FOMC)や米雇用統計など重要なイベントを消化したうえ、この日は経済指標や主要企業の決算発表もなく、全体的に値動きは限られた。

米株は上昇基調を続けているが、この日のダウ工業株30種平均の上昇率は0.16%と減速感は否めない。一人勝ちを続けてきた米株式市場に対して慎重な見方も目立ってきている。懸念として浮上しているのは膨張する財政赤字だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン