2018年10月15日(月)

米、イラン制裁を7日再開 大統領令に署名

トランプ政権
政治
北米
2018/8/7 0:07 (2018/8/7 1:10更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は6日、イラン核合意からの離脱を受け、対イラン制裁の一部を再開する大統領令に署名した。米政府高官は同日、米東部時間7日午前0時(日本時間同日午後1時)すぎ、経済制裁の一部を再発動すると発表した。まず各国企業に自動車や貴金属などの取引停止を求め、11月上旬、イラン産原油の取引も制裁対象に加える。

同高官は制裁の内容や日程を当初予定から変更せず「前例のない圧力」でイランの軍事的脅威に対抗する考えを示した。イラン指導部に「行動の修正を求めている」とも述べ、体制転換が目的でないと説明。譲歩を引き出し、弾道ミサイル開発や周辺国のテロ組織支援の停止を含む新たな包括合意を目指すと語った。

トランプ米大統領は5月上旬、イランの核開発を制限する合意から米国が離脱し、経済制裁を再開すると表明していた。

保存
共有
印刷
その他

米が7日にイラン制裁再開へ、中ロは応じず[有料会員限定]

2018/8/6 16:32

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報