/

この記事は会員限定です

小池都政2年、年1000社の創業目指す 都知事

[有料会員限定]

就任2年を迎えた東京都の小池百合子知事は日本経済新聞のインタビューで、東京の成長のため、都内で年間1000社の企業創出を目指す考えを明らかにした。東京と地方の税財源の偏在問題では、地方とのパイの奪い合いではなく、全体としての拡大が重要との認識を示した。

――これまでの2年間を振り返ってどう評価しますか。

「都知事就任前まで国会議員を24年間、大臣も経験したが、自治体の長は決断と実行がスピーディーに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン