/

この記事は会員限定です

司令塔なき「廃校再生」 九州から問う人口減ビジネス

[有料会員限定]

学校の閉鎖が止まらない。少子化が続く中、年間の廃校は全国で約500に上る。宿泊にイベントにと跡地活用の動きは広がるが、「人がいない場所でビジネスになるのか」――。持続的な収益モデルを確立し地域に恩恵をもたらす例はまだわずか。国の所管もあいまいで、司令塔は不在だ。こうした中、九州では廃校ビジネスを経験した企業が「サミット」を発足。全国の地域が直面する課題に一石を投じようとしている。

廃校後、息を吹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン