2019年4月21日(日)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,200.56 +110.44
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,200 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

4月19日(金)14:20

任天堂 「スイッチ」を中国で発売へ テンセントと協業[映像あり]

パイオニアが希望退職者を募集 リストラに着手

4月19日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

パイオニア、18年4~6月期最終赤字66億円

2018/8/6 20:30
保存
共有
印刷
その他

パイオニアが6日発表した2018年4~6月期の連結決算は最終損益が66億円の赤字(前年同期は20億円の赤字)だった。主力のカーエレクトロニクス事業ではカーナビ販売の不振に加え、自動車メーカー向け純正カーナビの開発費用が膨らみ、原価率が悪化した。特許訴訟に関連する損失の引当金など特別損失が膨らんだことも響いた。

売上高は1%増の838億円だった。損害保険会社と組んで企業などに提供している、センサーやカメラを使った安全運転診断などのサービスが好調。中国、欧州の自動車メーカー向けのカーオーディオも伸びた。

また同社は18年4~6月期の決算短信で継続企業の前提に疑義が生じていると開示した。全社的な経営改善や自動車メーカー向け事業での抜本的な再建策を取引銀行に提示できておらず、資金の借り換えの合意が得られていないという。パイオニアは自動車メーカー向け事業でスポンサーを探すなどの交渉に入っており、今秋には結論を出す計画だ。

自動車メーカー向けカーエレクトロニクス事業の立て直しについて森谷浩一社長は記者会見で「秋ごろの発表に向け協議、交渉中」と従来の方針を改めて強調した。同社はビジネスパートナーとの合弁会社化などを選択肢としている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム