/

サマータイム、なぜいま導入論? 3つのポイント

全国一律で時間を早める「サマータイム」の導入論が出ています。なぜでしょうか。

(1)東京五輪の暑さ対策

サマータイムは日照時間が長い夏の一定期間、時刻を1~2時間早める制度です。欧米では導入している国が多いです。2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は7月27日、安倍首相に導入を求めました。暑さ対策のためです。

サマータイム導入 五輪組織委、暑さ対策で要望

(2)省エネや温暖化ガスの削減効果も

サマータイムを導入すれば、五輪の競技時間を実質的に前倒しにする以外の長所もあります。省エネや温暖化ガスの削減効果が期待できます。余暇が増えれば、消費の増加につながるかもしれません。

五輪の暑さ対策 サマータイム案

(3)実現するのか?

サマータイムを導入すると、混乱が生じる懸念もあります。夏時間に切り替わる際にはコンピューターのプログラムや航空・鉄道のダイヤ変更が必要です。菅義偉官房長官は慎重で、実現の道はまだ見えません。

サマータイム導入に慎重姿勢 官房長官

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン