2018年9月23日(日)

次世代電池で対決、全日本VS米ベンチャー
全固体電池、日米技術対決(上)

スタートアップ
エレクトロニクス
自動車・機械
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2018/8/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 電気自動車(EV)の短時間充電・長距離走行を実現する次世代電池、全固体電池の実用化が始まるとみられる2022年まであと4年。開発競争は最終コーナーを回りつつある。日本では新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、企業23社が参加する100億円規模の開発プロジェクトを発足させた。一方、米国では有望な技術を持つベンチャーが続々登場し、世界の企業から1社で数十億~100億円の資金を集めている。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報