2019年5月21日(火)

シロナガスクジラ死骸漂着 鎌倉「全国初」と博物館

2018/8/6 15:57 (2018/8/6 19:49更新)
保存
共有
印刷
その他

5日午後2時半ごろ、神奈川県鎌倉市坂ノ下の由比ガ浜海水浴場近くの海岸にクジラの死骸が打ち上がっているのが見つかり、国立科学博物館が調査した結果、シロナガスクジラだったことが6日、分かった。

神奈川県鎌倉市の海岸に打ち上げられたクジラの死骸(6日午後)=共同

同館によると、国内の海岸に打ち上げられたのは全国初といい、生態を知る貴重な資料になるとしている。胸びれや体形などの特徴がシロナガスクジラと一致し、死後数日~数週間程度と判明。体長約10メートルで、大きさなどから生後数カ月の子供が何らかの原因で親から離れたと考えられるという。

シロナガスクジラは世界で最も大きい動物として知られる。見つかった死骸は同館と神奈川県が6日午後に解体し、海岸から運び出した。今後は静岡県内の業者に運び、同館が胃の内容物やDNA型などを調べた後、骨格標本にする方針。

国立科学博物館の田島木綿子研究主幹(海生哺乳類学)は「100年以上前の文献にはあったが、実際に国内でシロナガスクジラの漂着が確認されたのは初めて。あらゆる調査をして生態を探りたい」と話している。

漂着していたのは江ノ島電鉄長谷駅から南西約1キロ。搬出の様子を6日朝から見守っていたという近くの小学4年、佐藤碧さん(10)は「初めてクジラを見てびっくりした。赤ちゃんのクジラがお母さんと離れて死んでしまったのは悲しいと思った」と話していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報