/

カープ・丸選手 豪雨被災者へ義援金1000万円

知人が被災、ポケットマネーから

広島東洋カープの丸佳浩選手が6日、西日本豪雨の被災者への義援金として1000万円を日本赤十字社に個人で寄付した。広島市中区のもみじ銀行本店で振り込みを終えた丸選手は「被災された方は一日も早く今まで通りの暮らしに戻ってほしい。そしてマツダスタジアムに来てカープを応援してほしい」と語った。

義援金を寄付した丸選手(もみじ銀行本店)

知人が自宅への土砂流入で被災したこともあり、「これまで災害は人ごとだと思っていたが、改めて大変さや苦しさを知った」と丸選手。チームは目下、セ・リーグ3連覇に向け首位を独走しているが、広島の被災者を勇気づけるためにも「必ず日本一をとりたい」と誓っていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン