2018年9月22日(土)

岐阜県下呂市で41.0度 歴代2位タイ

猛暑
2018/8/6 14:36 (2018/8/6 18:09更新)
保存
共有
印刷
その他

 日本列島は6日、高気圧に覆われ、気温35度以上の猛暑日となる地点が相次いだ。気象庁によると、午後2時すぎに岐阜県下呂市で41.0度を観測。2013年8月の高知県四万十市と並び、観測史上歴代2位タイとなった。

 同庁によると、日本海側から山越えの乾いた風が吹く「フェーン現象」によって特に東海地方で気温が上昇。岐阜県多治見市で40.4度、同県美濃市で40.3度、名古屋市で39.4度を記録した。

 猛暑日は午後6時時点で全国927観測点のうち177地点、30度以上の真夏日は535地点となった。

 11日以降は、7月中旬の猛暑の際と同様、チベット高気圧と太平洋高気圧が日本上空で重なって巨大な高気圧になるとみられ、全国的に一段と厳しい暑さになりそうだという。同時期、東北などの北日本では前線の影響で大雨になる可能性があり、注意が必要だとしている。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報