/

この記事は会員限定です

外国人労働者、共生のヒント 寮で育む異文化理解

政策 現場を歩く

[有料会員限定]

政府は7月末、外国人労働者の受け入れ基準や支援のあり方を検討する関係閣僚会議を初めて開いた。新たな就労資格は人手不足が深刻な分野に限り、最長5年で単純労働を認める内容だ。制度変更の背景には、単純労働の受け皿となっている技能実習制度の現場でトラブルが絶えないこともある。だが、そんな職場ばかりではない。20年近く技能実習生を受けいれている中小企業から、働く外国人との共生のヒントを探る。

製造現場の主力、大半が実習生

「いってらっしゃい。気をつけてく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン