2018年上期の倒産、一般消費者に大きな被害

(1/3ページ)
2018/8/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年に入ってから倒産は小康状態に入っている。しかしスマートデイズやジャパンライフなど一般個人から投資を募った事業が頓挫し、倒産に追い込まれるなど、話題性の高い倒産が目立った半年でもあった。企業信用調査マンが18年の上半期を振り返った。

A調査員 上半期(1~6月)の倒産は4029件で、前年同期を5.1%下回った。17年には倒産が8年ぶりに増加し、10年からの減少トレンドに変化の兆しが見えた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]