2019年6月27日(木)

東北地方で記録的大雨 山形で750人超が一時孤立

2018/8/6 11:49
保存
共有
印刷
その他

停滞する前線の影響で、東北地方は山形県を中心に記録的な大雨となった。雨で孤立する地域が出ており、土砂災害や洪水の危険性も高まっている。

気象庁によると、東北の雨は5日昼ごろから降り続き、24時間雨量は山形県金山町で312.5ミリと、平年の8月1カ月分を超え、この地点での過去最大となった。新潟県加茂市では6日、1時間に84.0ミリの猛烈な雨が降った。

山形県内では住宅への浸水被害や土砂崩れが相次いだ。尾花沢市など5市町村で計1958世帯に避難指示が出された。戸沢村では国道47号が土砂の流入や倒木などにより通行止めになり、一時278世帯758人が孤立したが解消。舟形町でも1世帯1人の孤立が確認された。

戸沢村では村内を流れる最上川など3河川で氾濫危険水位を超え、住宅などが浸水。大蔵村でも一時孤立した世帯が出たが、解消された。

酒田市では市が避難指示を出し、小中学校などに約740人が避難。隣の庄内町は、最上川が氾濫する恐れがあるとして、912世帯3136人に避難勧告を出した。

東北電力によると、5日以降、県内の5市5町2村で最大4890戸が停電した。

JR東日本によると、山形新幹線は6日の始発から山形―新庄間で上下線の運転を見合わせた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報