/

この記事は会員限定です

貿易戦争は怖いか 関連70社調査、悪影響7割の実態

[有料会員限定]

「関税をかけられても売れるような高付加価値品をつくるしかない」

LIXILグループの瀬戸欣哉社長は7月末、決算会見で米中貿易摩擦への対応策をこう説明した。

上場企業の足元の業績は好調だ。4~6月期決算(3日時点、金融除く802社)は8四半期連続で最終増益を確保。日立製作所コマツなど4社に1社が最高益を更新した。

しかし株式市場の反応はさえない。2銘柄とも決算発表後に株価は逆に下落した。

「今は晴れていても、貿易摩擦という黒々とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン