/

スペインとポルトガルで46度 水温上昇で原子炉休止

【ロンドン=共同】記録的な熱波に見舞われたスペインとポルトガルで4日、気温が46度を超えた。1977年にギリシャで記録された欧州での史上最高気温の48.0度に迫る勢い。欧州各地では原子炉の運転休止も起き、影響が広がっている。

アフリカから押し寄せた熱波が一因で、英気象庁や欧州メディアによると、スペイン南西部で46.6度、ポルトガル中部で46.4度を記録した。同国の首都リスボン郊外では冷房の利用が集中して大規模な停電が発生。フランスでは冷却水として使う川の水温が上昇し、複数の原子力発電所で原子炉の運転が一時的に止められた。

例年は夏も涼しい北欧のフィンランドでも今週は30度に近づいた。冷房を備えた住宅が少なく、首都ヘルシンキのスーパーは4日、冷房の効いた店内で快適に寝泊まりしてもらおうと、近隣住民ら約100人を招待した。

ノルウェーの交通当局は、トナカイや羊が暑さをしのぐためトンネルに避難しているとしてドライバーに注意を要請。スウェーデンの最高峰とされてきたケブネカイセ山の南側山頂部では高さ約4メートル分の氷が解けて山頂の標高が下がり、最高峰でなくなった可能性が指摘されている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン