名古屋でコスプレ大会 メキシコ代表が優勝

2018/8/5 20:15 (2018/8/5 21:43更新)
保存
共有
印刷
その他

世界36の国と地域の代表が漫画やアニメのキャラクターにふんし、衣装やパフォーマンスの出来栄えを競う「世界コスプレチャンピオンシップ」が5日、名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開かれ、ゲーム「ストリートファイター」のキャラクターにふんしたメキシコ代表が優勝した。

漫画やアニメのキャラクターに扮し、記念写真に納まるコスプレ愛好者たち(5日、名古屋市の大須観音)=共同

2人一組の36チームが2分半ずつ演技を披露。連日の猛暑に負けず劣らずの熱のこもった演技に、観客から拍手や歓声が湧き起こった。

声優の古谷徹さんや「アニメソングの帝王」と呼ばれる歌手、水木一郎さんらが審査員を務めた。イベントはコスプレを通じた国際交流を目的に、2003年から始まった「世界コスプレサミット」の一環。

イベント前の5日昼には、アニメファンらが集まる名古屋市の繁華街・大須商店街で、コスプレ愛好者によるパレードが行われた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]