/

ベネズエラ大統領、演説中に爆発音 ドローンでテロか

【サンパウロ=外山尚之】南米ベネズエラの首都カラカスで4日、マドゥロ大統領の演説中に爆発音があった。ベネズエラ政府はドローン(小型無人機)による攻撃を受けたとし、少なくとも7人の兵士が負傷したと発表した。マドゥロ氏にけがはなかったという。マドゥロ氏は5月に主要野党不在の大統領選で再選を果たし、事実上の独裁体制を敷いたばかりだった。

4日、軍関係のイベントに出席するベネズエラのマドゥロ大統領(カラカス)=ロイター

市内中心部の大通りで開催された軍のイベントでマドゥロ氏が演説していたところ、爆発音があった。ホルヘ・ロドリゲス通信情報相は「ドローンが爆発物を運んでおり、大統領に対する攻撃だ」として、マドゥロ政権を狙ったテロとの見方を示した。

マドゥロ氏は演説を途中で切り上げ、現場から兵士が一斉に逃げ出すなどパニック状態となった。地元記者は日本経済新聞の取材に対し、「2度の爆発音があり、人々が一斉に逃げていた」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン