2018年11月19日(月)

米、ASEANとの安保協力で3億ドル支援

2018/8/4 11:55
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=永沢毅】ポンペオ米国務長官は4日の記者会見で、東南アジア諸国連合(ASEAN)との安全保障面での協力のために3億ドル(約330億円)を拠出すると表明した。海洋安保や人道支援、平和構築などに活用する。南シナ海で勢力を伸ばす中国を念頭に、ASEAN各国を側面支援する狙いだ。

北朝鮮問題では、非核化まで「外交・経済的な圧力を維持する」と強調。非核化の見通しについては「実現を楽観視している」と述べた。同日午後のASEAN地域フォーラムに出席する北朝鮮の北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相とは会っていないことも明らかにした。

ポンペオ氏はこれに先立つシンガポールのテレビ局「チャンネルニュース・アジア」とのインタビューで北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が「非核化の最終的な工程を決めるだろう」と指摘。北朝鮮側の非核化に向けた行動に期待感を示した。

ポンペオ氏は7月30日にインド太平洋地域のインフラ整備などの支援を目的としたファンド設立を発表し、まず1億1300万ドル(約125億円)を拠出するとした。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報