/

タウ、西日本豪雨の被災車両4400台買い取り

事故車の買い取り、販売を手がけるタウ(さいたま市)は、西日本豪雨で水没などの被害を受けた車両約4400台を買い取った。1日時点の台数を集計した。臨時の車両置き場を設け、提携レッカー業者の協力を得て引き取った。引き取った車両は砂や泥を洗浄し、約60項目を査定。同社のオークションサイトを通じ、東南アジアや中南米などで販売する。同社は西日本豪雨の被災車両を約7万台とみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン