2018年8月22日(水)

千葉銀と武蔵野銀、インドネシア現法に直接融資

金融機関
南関東・静岡
2018/8/3 20:44
保存
共有
印刷
その他

 千葉銀行武蔵野銀行は3日、インドネシアに進出している日本企業の現地法人向けに、ドル建てで直接融資する「クロスボーダーローン」を協調実施したと発表した。2016年に両行が結んだ資本・業務提携に基づく取り組みの一環で、クロスボーダーローンの協調実施は初めて。

 リース大手の興銀リースのインドネシア現地法人に1500万ドル(千葉銀・1千万ドル、武蔵野銀・500万ドル)を8月3日付で融資した。融資期間は5年間。同法人は自動車工場などに生産設備を貸し出しており、運転資金に充てるという。

 クロスボーダーローンは親会社を経由しないため、迅速な資金調達ができる利点があるほか、親会社の事務負担を軽くすることにもつながる。武蔵野銀は今月10日、千葉銀の駐在員事務所の一部を借り、シンガポールに駐在員事務所を開設する。両行でアジア地域を中心に海外の取引開拓を進める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報