/

この記事は会員限定です

進化する業務用お掃除ロボ、人手不足で導入加速

[有料会員限定]

家庭用お掃除ロボット「ルンバ」が国内で発売されて14年。無人運転の清掃ロボットがホテルやオフィスなどビル清掃分野にも本格的に浸透し始めた。深刻な人手不足や高齢化を背景に、清掃ロボットの需要は拡大する一方。衝突防止センサー技術の進歩で操作が簡単になり、懸念材料だった安全面の機能も向上。普及を後押ししている。

清掃機器メーカー大手のアマノが2015年に発売した床用ロボット掃除機はセンサーを搭載し部屋の形状や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン