/

セブン―イレブン、「江戸崎かぼちゃ」のポタージュ 茨城で販売

セブン―イレブン・ジャパンは7日から茨城県稲敷市などで採れる「江戸崎かぼちゃ」を使ったポタージュを県内の店舗で発売する。完熟してから収穫されたかぼちゃを蒸し、丸ごとすりつぶしてスープにすることで素材本来の甘みやうまみが感じられるという。3万食限定で税込み価格は330円。今後も地域に根づいた原材料を使った商品開発を進める方針だ。

セブン―イレブン・ジャパンと稲敷市、JA稲敷は「江戸崎かぼちゃ」を使ったポタージュをPRした(3日、同市)

セブンイレブンと稲敷市、JA稲敷が3日、同市内で会見した。江戸崎かぼちゃは通常のかぼちゃより糖度が高いのが特長。1玉2000円前後で販売されており、国が地域ブランドとして守る「地理的表示保護制度」に登録されている。田口久克市長は「地元農家や商店の活性化のヒントにつながる。協力できることは積極的にやっていく」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン