/

この記事は会員限定です

長野県産の果物輸出急増 模倣品対策など課題も

(信州リポート)

[有料会員限定]

長野県産農産物の輸出が好調だ。県が7月にまとめた2017年の輸出額は16年比84%増の10億3600万円で、集計を開始して以来初めて10億円を超えた。品質の高さを売り物に、アジア向けの贈答用などが伸びている。ただ、輸出の大半を香港・台湾に依存しているほか、輸送コストの高さや模倣品対策など、輸出拡大に向けた課題も見え始めている。

県のまとめでは、17年の輸出先は金額ベースで香港が50%、台湾が36%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン