2018年11月13日(火)

中国EC2強、リアル店舗で激突 アリババ追う京東
半端ない中国IT(中)

コラム(テクノロジー)
モバイル・5G
フィンテック
(1/2ページ)
2018/8/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最新のIT(情報技術)で食品スーパーを変革させたアリババ集団の「盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)」の躍進、いわばフーマー・ショックは競合他社にもインパクトを与えた。アリババに次ぐ中国の電子商取引(EC)2位の京東集団(JDドットコム)は2018年1月、北京市近郊の本社近くに「7Fresh」の1号店を開業した。

■京東、自動運転カートや顔認証決済

生鮮品の当日売り切り、産地や配送履歴などのトレーサビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報