2018年11月15日(木)

東海各地で39度超す 名古屋や多治見

2018/8/3 13:33
保存
共有
印刷
その他

日本列島は3日も高気圧に覆われ、東海地方は朝から気温が上昇した。愛知、岐阜、三重の各県では午前中に各地で35度以上の猛暑日となった。気象庁によると、午後1時までに岐阜県多治見市で39.9度、名古屋市と三重県桑名市で39.5度、岐阜県美濃市で39.3度、揖斐川町と美濃加茂市で38.5度などを観測した。

猛暑が続く名古屋市内で、横断歩道を渡る歩行者(3日午前)=共同

名古屋市では1942年に39.9度を記録しており、40度以上になれば観測史上最高となる。

気象庁は熱中症の危険が特に高くなるとして高温注意情報を発表し、こまめな水分補給や暑さ対策を呼びかけている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報