2018年10月21日(日)

立体商標のハードル高し ヤクルトとエルメスの戦略は

法務インサイド
コラム(ビジネス)
法務・ガバナンス
2018/8/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

明治のチョコレート菓子「きのこの山」が3月、立体商標として登録された。同社は5月には同「たけのこの里」の登録も出願した。これまで極めて限られていた食品の形状について商標登録を認める事例が現れたことで、日本企業の商品ブランド戦略で立体商標の重みが増す可能性が出てきた。ただ審査のハードルは高い。ヤクルト本社や仏エルメスが多大な手間や資金をかけて登録を果たした足跡をたどると、活用術や制度の課題も見えて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報