/

日大アメフト 元監督ら異議申し立て

日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、関東学生連盟は3日、除名処分を受けた内田正人元監督と井上奨元コーチから異議申立書を受け取っていたことを明らかにした。

関東学連は7月31日の臨時理事会後の記者会見で、記者からの質問に対し異議申立書を受け取っていないと否定していた。関東学連は「異議申立人のプライバシーに配慮してあのように回答した。不正確な情報を伝えて申し訳なかった」と謝罪した。

関東学連は内田元監督と井上元コーチが反則を指示したと認定。6月末に2人を罰則規定で最も重く、永久追放に相当する除名処分を決めていた。異議申し立てを受け、関東学連は今後、対応を検討する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン