/

マジンガーZ似のキャラ「盗作でない」 韓国地裁

【ソウル=共同】日本のアニメキャラクター「マジンガーZ」のデザインを盗んだとの悪評があった韓国のキャラ「ロボット・テコンV」について、ソウル中央地裁は3日までに「模倣ではなく独立した著作物」との判断を出した。韓国メディアが伝えた。

テコンVの著作権を管理する会社が、テコンVに似た玩具を製造販売した別の業者を相手に著作権侵害を理由に損害賠償を求めた訴訟で、被告が主張した「テコンV自体がマジンガーZなどを模倣した」との盗作説を地裁が退け、4千万ウォン(約400万円)の賠償を命じた。

地裁は判決で、テコンVはマジンガーZとは「外見上、明らかな違いが見られる」と主張。「テコンVは韓国の国技テコンドーを背景としており、日本文化の上に制作されたマジンガーZとは著作物としての特徴や個性に違いがある」と分析した。

テコンVは1976年にアニメ映画が制作された韓国の人気者だが、72年に世に出ていたマジンガーZに酷似していると言われてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン