2018年11月21日(水)

メキシコ中銀、政策金利据え置き 7.75%

2018/8/3 3:35
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ銀行(中央銀行)は2日に開いた定例の金融政策決定会合で政策金利を7.75%のまま据え置くことを全会一致で決めた。7月1日の大統領選を前に下落していた通貨ペソも選挙後は順調に回復を続けているうえ、物価上昇率も目標とする3%に向けて縮小傾向にあるためとしている。

政策金利の据え置きは2会合ぶり。メキシコ銀の発表した声明では、通貨ペソや物価上昇率に対する影響が予想されるとして、米の政策金利引き上げの動きや保護主義的な貿易政策について引き続き注意が必要だとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報