/

この記事は会員限定です

線虫でがん早期検査、20年に ヒロツバイオ

[有料会員限定]

バイオ関連スタートアップのHIROTSUバイオサイエンス(ヒロツバイオ、東京・港)は、線虫を使ったがんの早期発見検査を2020年に実用化する。検査施設の開設や解析技術の自動化などに向け、臨床検査受託大手のみらかホールディングスなど8社から計14億円を調達。高い精度で尿からがんの有無を判定できる検査としての普及を目指す。

線虫は体長1ミリメートル程度の小型の生物でうなぎのような形をしている。嗅覚に優れ、尿の代謝物をかぎ分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン