2018年9月24日(月)

サントリー、ちびだら飲み需要に対応 130億円投資

サービス・食品
小売り・外食
2018/8/2 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 サントリー食品インターナショナルは、ペットボトル入りコーヒー「クラフトボス」などを増産する。群馬県内の主力工場に約130億円を投じ、2020年以降にペット飲料の生産能力を現行から4割強増やす。職場で時間をかけて少しずつ飲む“ちびだら飲み”をする若者の需要を取り込んでいる。

 製造子会社の榛名工場(群馬県渋川市)のペット飲料の生産能力を年3400万ケースと、従来の1.4倍に引き上げる。クラフトボスや…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報