Vチューバーが決算説明、会見に起用 グリー

2018/8/2 19:16
保存
共有
印刷
その他

グリーが2日開いた2018年6月期の決算説明会に、3D(3次元)キャラクター「バーチャルユーチューバー(Vチューバー)」が登場した。同社は4月にVチューバー事業に参入し、アピールするため実験的に起用した。Vチューバーやアニメなどで使用する技術基盤の開発を目的に同日、ポリゴン・ピクチュアズ(東京・港)と資本業務提携したことも発表した。

グリーの決算会見でVチューバーが概要を説明した(2日午後、東京都港区)

「バーチャルユーチューバーが上場企業の決算会見をするのは多分世界で初めてだと思います」。説明会の冒頭、こう話したのは、3Dキャラクターのいそら真実さん。スクリーン上で、時折腕を大きく動かしたり表情を変えたりしながら決算の概要を説明した。

いそらさんはVチューバー事業を担当する子会社、ライトフライヤーライブエンターテインメント(東京・港)の社員。ゆっくりとした話し方で会場の雰囲気も和やかになった。

グリーの田中良和社長は「商品や会社の説明、地方創生などにもバーチャルユーチューバーは使える」と語った。今後の決算会見でも続けるかどうかは反応を見て検討するという。

グリーの18年6月期の売上高は前年同月比19.2%増の779億円、営業利益は17.8%増の94億円だった。17年6月期に配信したスマートフォン(スマホ)ゲームが好調で6年ぶりに増収増益に転じた。

グリーは同日、ポリゴン・ピクチュアズ(東京・港)と資本業務提携したと発表。第三者割当増資を引き受けた。出資額は非公表だが、グリーの保有比率は4.76%となる。3DCG(コンピューターグラフィックス)をゲームやVチューバーなどのコンテンツに同時展開できるようにする共通のシステムを開発する。ポリゴン・ピクチュアズの3D制作技術やノウハウを活用する。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]