2018年11月14日(水)

グーグルなど米ハイテク企業、中国拠点の拡大探る
貿易戦争のなか 巨大市場の商機にらむ

2018/8/2 18:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔、シリコンバレー=中西豊紀】米国のハイテク企業が相次ぎ中国拠点の拡大に動いている。米中貿易戦争が激化する中、自動運転などを支える人工知能(AI)の研究が進む巨大市場での商機をにらみ、現地での新技術の開発を強化する。中国側には先端技術を取り込むとともに、米国のトランプ政権と企業を分断する狙いもありそうだ。

米ニュースサイトの「ジ・インターセプト」は、米グーグルが中国当局の検閲を容…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報