/

ヤッホーブルーイング、会話の「先輩風」をAI分析

クラフトビール最大手のヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は3日、来店客の会話内容から「先輩風」の度合いを分析する機械「先輩風壱号」を東京・赤坂の公式店に設置する。酒を飲みながら話す内容を人工知能(AI)が分析、「先輩風」の強さに応じて風が強く吹く。非売品だが、予約すれば17日まで無料で利用できる。

「世界ビールデー」の3日から始めるビールを通じたチームづくりプロジェクトの「チーム『ビール』ディング」の一環。プロジェクトでは特設サイトを設置し、飲み会を通じたチームづくりをサポートする。

このほか、飲み会で上下関係に左右されず雑談を引き出すアイテムとして、コースター型のトークゲーム「無礼講ースター(ぶれいこーすたー)」(税別2015円)を販売する。ヤッホーの全公式店で体験できるほか、3日午後8時15分から公式通販サイトで30個限定で販売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン