2018年10月21日(日)

竹下派、衆院議員から意見聴取

内閣改造
政治
2018/8/2 22:42
保存
共有
印刷
その他

自民党竹下派会長の竹下亘総務会長は2日、都内で同派所属の衆院議員を集め、総裁選の対応について意見を聞いた。出席者からは安倍晋三首相の党総裁3選を支持する意見が相次いだ。参院側は石破茂元幹事長を支持する方針で、参院竹下派トップの吉田博美参院幹事長に対応を一任している。竹下氏と吉田氏が近く会談し、9日に派の方針を発表する見通しだ。

2日の会合には茂木敏充経済財政・再生相、山口泰明党組織運動本部長ら約20人が出席した。会合では「国際社会の状況を考えると安倍氏以外はない」「経済を再生するには安定性が必要だ」など、首相の続投を求める声が出た。「くれぐれも衆参で対応が割れないようにしてほしい」と要請する意見もあった。

二階派は2日、ソウルでの3日間の研修会を終えた。会長の二階俊博幹事長は記者団に「大方のところは、そう大きな波が立つような総裁選では無いと見ている」と述べ、安倍氏の総裁3選に自信を示した。所属議員から署名を集め、7日に首相に申し入れる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報