2018年9月26日(水)

ゴールドマンの資本主義  本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
Deep Insight
本社コメンテーター
2018/8/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米投資銀行、ゴールドマン・サックスの最高経営責任者(CEO)、ロイド・ブランクファイン氏が9月末に退任する。2006年の就任以降、ウォール街の盟主を率いて歴史的バブルの絶頂と崩壊の渦中にいた。この間、「資本主義のかたち」も激変している。

 「ブランクファイン氏の12年間」がまず映すのは、08年のリーマン危機で表面化したウォール街への社会の怒りだ。

 同氏にとって最悪の局面は、10年の証券詐欺問題だろ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報