/

広島・呉、断水ほぼ解消 豪雨から約1カ月ぶり

広島県呉市は2日、西日本豪雨で断水が続いていた呉市の3277世帯のうち、川尻地区の3212世帯の水道が復旧したと発表した。利用者は7336人で、呉市の断水はほぼ解消した。

呉市によると、送水用のポンプ所が流され全壊したため、7月7日の正午ごろから断水が続いていた。市は仮設のポンプを設置、1日午後10時から通水を開始した。復旧は4日ごろの予定だったが、前倒しで作業を終えた。

約1カ月ぶりの復旧に住民は安堵の表情を浮かべた。鮮魚店を営む原勝義さん(66)は「断水の影響で2週間ほど店を開けられなかった。水が出るのは本当にありがたい。幸せで涙が出る」と喜びを語った。

一部で水道施設の破損が続いており、全面復旧には時間がかかる見通し。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン