2018年9月25日(火)

2年縛りの是正、年度内に実行 NTTドコモ社長

ネット・IT
モバイル・5G
2018/8/2 17:20
保存
共有
印刷
その他

 NTTドコモの吉沢和弘社長は2日、スマートフォン(スマホ)などの通信契約を結ぶ際に行っている、いわゆる「2年縛り」について「年度内に見直しを実行する」と改めて強調した。契約満了後に追加料金なしで解約できるようにする。吉沢社長は携帯大手3社で足並みをそろえたい考えも示した。

2年縛りの見直しを年度内に実行すると明言したNTTドコモの吉沢和弘社長

 2年縛り契約は、2年間の利用を前提に基本料金を割り引く契約手法。現在は2年間の契約満了後の25~26カ月目の2カ月間を更新月とし、これより前に解約すると9500円の違約金を支払わなければならない。更新月に解約しても、その月の追加の通信料金がかかる。総務省は利用者の自由な選択の機会を阻むとして、大手3社に違約金や追加料金を支払わずに解約できるよう求めていた。

 ドコモは違約金なしで解約できる月として、契約満了前の24カ月前を追加し、違約金のない期間を3カ月に延長する。契約満了前であれば、追加料金もかからない。KDDIソフトバンクも同様の見直しに取り組む考えだ。

 2年縛り契約の見直しによって解約も増えるが、吉沢社長は「業績への影響は軽微と考えている」という見方を示した。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報