/

この記事は会員限定です

高額療養費、負担上限引き上げ 小手先の変更で制度複雑に

[有料会員限定]

医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度。医療の高度化で、年齢を重ねるほど1人当たりの医療費はかさむ。現役世代との負担をなるべく公平化するため、70歳以上の高所得者の負担をさらに増やすしくみに変わった。

「ここまで複雑な計算式になると、上限額がすぐに計算できない。高齢者はなおさらだよ」。都内で診療所を営む60代の医師は、1日からの制度変更を説明するリーフレットを見ながら困惑の色を隠さない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン