/

この記事は会員限定です

外国人依存度、高いのは「広島の漁業」「茨城の農業」

[有料会員限定]

深刻な人手不足を背景に日本で働く外国人が増え続けている。外国人労働者は2017年で127万人と、5年でほぼ倍増。政府は単純労働も含めて外国人労働者の幅広い受け入れを決めた。日本で働く外国人は今、どの県で、どの業種に、どの程度いるのか。データを追うと、外国人依存度が最も高かったのは広島県の漁業。6人に1人の割合にまで増えている。

国勢調査や労働力調査などの政府統計を使い、業種と都道府県別に外国人依存...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン