/

この記事は会員限定です

来店客10年で半減、システム開放にかじ 百五銀頭取

(ナゴヤ金融の今)

[有料会員限定]

全国でも中部は金融激戦区とされる。愛知、岐阜、三重の3県に本店を置く地方銀行は8つと多いが、中でもIT(情報技術)やデジタルの活用で先頭を走るのが百五銀行だ。外部の知見を多様な顧客サービスや銀行内事務の効率化に役立てようと、異業種に銀行システムを開放する「オープンAPI」にもいち早く取り組む。伊藤歳恭頭取に戦略を聞いた。

――先端技術を金融に活用している背景は。

「まず店舗の変化が大きい。当行では来店客数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン