グーグル、検索で中国再進出?
「検閲容認」か、米報道

2018/8/2 3:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中西豊紀】米グーグルが中国政府の検閲を容認する形で同国向け検索サービスを立ち上げることを検討していると米メディアが1日報じた。事実であれば2010年に撤退して以来の再進出となる。ただ言論の自由を制限する中国政府に協力する形にもなり、社内外で反発が予想される。グーグルは「臆測にはコメントしない」との声明を出した。

米ニュースサイトの「ジ・インターセプト」が内部資料と関係者の証言を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]