/

この記事は会員限定です

マンション修繕、12年→18年ごとに 野村不動産など

積立金不足で

[有料会員限定]

不動産や建設大手が保守費用を抑えられる新築マンションの販売や、修繕工事の受注を広げる。野村不動産は12年程度が多い修繕工事の周期を、新築物件で最長18年に延ばせるようにする。管理組合の積立金不足が問題となる中、最新技術を使って物件の寿命を延ばし、保守を含めた住居費を抑えられるようにすることで、新築物件の販売増につなげたい考えだ。

大規模修繕工事は外壁の塗装や屋上防水、配管の交換などをする工事で、実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン