武田薬品、ロシアで主力抗がん剤を製造

2018/8/1 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

武田薬品工業はロシアで主力の血液がん治療薬「ニンラーロ」の製造を始める。ロシア西部のヤロスラブリ州の工場内に4億7000万ルーブル(約8億円)を投じて建設していた新たな製造設備が完成した。ニンラーロを現地生産に切り替えるとともに、周辺国へも提供していく考えだ。

ニンラーロは多発性骨髄腫と呼ばれる血液がんの治療薬で、武田はグローバルの主力製品の一つと位置づ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]