2018年11月17日(土)

緩む民主主義、先人の憂い 論説委員 小竹 洋之

2018/8/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安達太良山から吹く風が心地よい。酷暑をしばし忘れさせてくれた。福島県二本松市の金色墓地。日本人で初めて米エール大学の教授を務めた歴史学者、朝河貫一(1873~1948年)の墓は生まれ故郷にもある。

旧制中学時代に英英辞典を毎日2ページずつ暗記し、破って食べるか捨てたという逸話が伝わる。最後に残ったカバーは、校庭の若桜の根元に埋めたらしい。その「朝河桜」が株分けされ、墓と向き合うように茂っていた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報