日韓化粧品、中国で潤う
コーセー、訪日時の購入契機に アモーレ、若者つかむ

2018/8/1 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の化粧品市場で日韓ブランドの勢いが目立つ。コーセーや資生堂など日本勢は訪日客の購入を通じて認知度や評価を高め、韓国のアモーレパシフィックグループは若者の間で支持を広げる。中国は仏ロレアルが牙城としてきたが、2018年の輸入額は韓国と日本が1、2位を占める公算。消費者の嗜好が変わり、欧米ブランドを使う満足よりも自分の肌に合うかを重視するようになったことが影響している。

上海の繁華街、南京西路の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]