2018年11月15日(木)

明電舎、70億円を投じてEV向け部品の生産能力を増強

科学&新技術
BP速報
2018/8/1 23:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

明電舎は2018年7月31日、電気自動車(EV)向け部品の量産設備を増強すると発表した。需要拡大が見込まれるEV用モーターなど、自動車用部品の生産体制を強化し、EV事業の拡大を目指す。

甲府明電舎に新設する建屋のイメージ(出所:明電舎)

甲府明電舎に新設する建屋のイメージ(出所:明電舎)

今回、「中期経営計画2020」に基づいて3事業所に合計で約70億円を投じる。名古屋事業所(愛知県清須市)は、既存建屋の改築と新たな量産ラインの構築を行い、EV用一体型モーターとインバーターを生産する。生産能力は最大年間生産台数が17万台。沼津事業所(静岡県沼津市)は、既存EV用部品生産ラインの増強を行い、EV用インバーターを生産する。

生産能力は最大年間生産台数が12万台。完全子会社の甲府明電舎(山梨県中央市)には、新たな建屋を建設し、EV用モーターを生産する。生産能力は最大年間生産台数が17万台。稼働開始は、沼津事業所が19年5月、名古屋事業所と甲府明電舎は19年11月を予定する。

(ライター 森元美稀)

[日経 xTECH 2018年7月31日掲載]

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報